教育長日記子どものための富士見町史読書・研究ノート長野県教育史研究

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康上の理由で、12.31をもって辞任しました

2015年01月05日
~終刊の辞~
 「県内初の公募教育長が辞任へ」の見出しで、11月21日付の信濃毎日新聞(2面)が比較的詳細に報じています。理由は健康がすぐれないからです。
 以下に、信濃毎日新聞4面の記事の抜粋を紹介します。

県内で初の公募教育長が辞任へ
 県内で初めて公募で選ばれた諏訪郡富士見町教育委員会の小林洋文教育長(70)=富士見町落合=が、任期途中の12月31日付で辞任する意向を固め、小林一彦町長に辞表を出し、受理された。健康上の理由としている。
 町教委によると、小林教育長は病気のため10月下旬から休みがちだった。≫


  私が公募で選ばれて教育長に就任して3期目、10年前(2004年10月1日)のことであった。教育長という重責、健康の悪化を考え、いまが潮時だと決断、残任期間を2年残してはいるが、12月いっぱいで辞任することにした。

≪小林氏は取材に対し「まだ道半ばという気持ちはあるが、しばらく療養に専念することにした」と説明した。≫

 思いつきで始めた私的「教育長日記」、実はこんなに長く続けようとは思っていませんでした。自由奔放に書かせていただきました。貴重なコメント、激励などにも支えられました。

 長い間ご愛読いただきまして、ありがとうございました。皆様も心身の健康にはくれぐれもご留意いただきご自愛下さい。 
 今後も日記は、まったくプライベートな性格のものとして引き続き書き続けたいと思っています(日記の名称は未定)。
関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール
~「教育長日記」創刊の辞~
(2008/8/16)

小林 洋文

管理者:小林 洋文

カレンダー
最新の記事
コンテンツメニュー

カテゴリー別記事一覧
全記事をキーワードで検索
全記事(数)の一覧表示
全タイトルを表示
バックナンバー
QRコード(携帯用)
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。