FC2ブログ
教育長日記子どものための富士見町史読書・研究ノート長野県教育史研究

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生可能エネルギー(Renewable energy)の普及にブレーキ

2014年10月04日
 教育の充実にはお金も必要である。財政事情を理由に思うような事業が進められないのは口惜しい。だから予算に苦しめられている私が、町の歳入、歳出に強い関心を持つのは当然である。その意味で、富士見町で始めた太陽光発電はそれなりの意味がある。

 しかし、わたしは当初からFTT制度は遠からず電力バブルをもたらすと危惧していたが、早くも再生可能エネルギー(Renewable energy)にブレーキがかかり始めたという。「やはり」、という思いである。今朝の「朝日」社説の冒頭の部分を引用する。
≪ 固定価格買い取り制度(FIT)が始まってから順調に伸びてきた再生可能エネルギーの普及にブレーキがかかり始めた。
 再エネでできる電気エネルギーを全量買い取ることが義務づけられている大手電力側で、送電線の受け入れ容量が足りなくなる地域が出てきたためだ。大手10社のうち九州電力など5社がほぼ全域で新規の契約をストップした。
 容量不足は、再エネへの投資意欲や活用への期待が大きいことのあらわれだ。しかし、太陽光や風力には、季節や天候、時間帯によって発電量の差が大きい難点がある。うまく調節しないと周波数や電圧に影響して停電や機器の故障につながる。≫

 本欄に何度も書いてきた岡山県真庭市のバイオマス発電は、天候や時間帯に左右されない再生可能エネルギー(Renewable energy)であり、富士見町程度の小規模のものではないことに魅力を感じている。町の8割が森林の「富士見町をバイオマスタウンに!」と本気で夢想しているわたしは、だから、電力バブルと真庭市方式は今後どうなっていくのか。できれば識者に聞きたい。
関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール
~「教育長日記」創刊の辞~
(2008/8/16)

小林 洋文

管理者:小林 洋文

カレンダー
最新の記事
コンテンツメニュー

カテゴリー別記事一覧
全記事をキーワードで検索
全記事(数)の一覧表示
全タイトルを表示
バックナンバー
QRコード(携帯用)
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。