FC2ブログ
教育長日記子どものための富士見町史読書・研究ノート長野県教育史研究

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「朝日新聞」の試練

2014年09月14日
 昨年、誤った新聞、テレビ報道に泣かされた私は、最近の「朝日新聞」問題は他人事ではない。
  韓国・済州島から従軍慰安婦の強制連行があったという吉田清治氏の虚偽の証言の報道と訂正の遅れ、福島原発での吉田昌郎所長調書の間違った報道、そして慰安婦問題をめぐる池上彰さんのコラム掲載を見合わ(遅れて掲載されたが)など、この間「朝日新聞」は言論機関としての信頼をいちじるしく損ねる過ちを重ねた。

 ジャーナリズムの中にあって、社会の木鐸、権力の監視の役割を積極的に果たしてきた同紙の存在は貴重であることを考えると、極めて残念だ。

 同紙コラム「天声人語」の一部を引用する。
 ≪言論の自由の保障が、日本国憲法にもある。人間の歴史がこの自由を獲得するまでに、どれほどの血が流れ、苦闘があったことか。その理念を尊び、死守すべき言論機関として、慰安婦問題をめぐる池上さんのコラム掲載を見合わせたのは最悪だった。
 気に入らない意見や、不都合な批判を排した新聞は、もう新聞ではない。「あなたの意見には賛成しないが、あなたがそれを言う権利は命をかけて守る。」。古来の至言が、信頼もろとも紙面上に砕け散った思いがした。≫(2014.9.13付「朝日新聞」コラム 天声人語)

 戦後最大の試練に立たされている「朝日新聞」は、正確な記事、言論の自由の無条件の保障、誤報の迅速な訂正とお詫びなど、今後同じ過ちを繰り返さないことに努めることを心から願う。いったん失墜した信頼を回復させることは容易ではないだろうが、愛読者の一人として、否、言論界のバランスの面から考えてもそのことを強く期待する。
関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール
~「教育長日記」創刊の辞~
(2008/8/16)

小林 洋文

管理者:小林 洋文

カレンダー
最新の記事
コンテンツメニュー

カテゴリー別記事一覧
全記事をキーワードで検索
全記事(数)の一覧表示
全タイトルを表示
バックナンバー
QRコード(携帯用)
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。