FC2ブログ
教育長日記子どものための富士見町史読書・研究ノート長野県教育史研究

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう!! 富士見中学校

2014年09月05日
 

富士見中  授業にタブレット端末  独自システムで試験導入

 富士見町の富士見中学校(高山和夫校長)は、県内で先駆けて今月からタブレット型多機能携帯端末(タブレット端末)を使った授業を試験的に始めた。
 5年前から導入を研究し、その取り組みも評価されてソニー教育財団(東京)の「ソニー子ども科学教育プログラム」で3年連続入賞、昨年度は全国最優秀校に選ばれた。機器の購入はこれらの賞金を積み立てて充てた。
 理科担当の名取克裕教諭は「タブレットを使うと全生徒の参加意識が高められる。意欲的に学習に取り組み、問題を解決した実感を持てる授業をしたい」と話す。(今朝の「長野日報」一面トップ )  → http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=32223

 今年3月定年退職した三村昌弘初代校長他3名の理科教員の共同研究。地道な研究に心より拍手をおくる。願わくば、この成果をぜひ理科の授業に還元し、生徒の理科の学力アップにつなげてほしい。

◆なお、10月31日(金)に、同校で「子ども科学教育研究全国大会」を開き、全国の教育関係者に授業を公開する。
関連記事

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール
~「教育長日記」創刊の辞~
(2008/8/16)

小林 洋文

管理者:小林 洋文

カレンダー
最新の記事
コンテンツメニュー

カテゴリー別記事一覧
全記事をキーワードで検索
全記事(数)の一覧表示
全タイトルを表示
バックナンバー
QRコード(携帯用)
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。